加入している保険は本当に正しいか、保険見直しを考えるサイト

日本人

がんでも入れる

がん経験者と保険について

説明

いざという時のために、生命保険に入っている人は多いと思います。 けがや病気で手術をしたり、入院をする際の補償になるので、 毎月保険料を支払って備えていると思います。 生命保険はとても安心できるものですが、新たに生命保険に 入る場合には健康状態の告知を行い、その保険に入れるかを確認します。 健康に問題のある方は、保険によっては入ることが出来ない場合も ありますので、注意が必要です。 また、過去に発病した事のある方も、入れる保険が制限されてしまいます。 このような方は、がん保険に入るのを諦める場合もありますが、 入れる保険も存在します。 例えば、ガンで通院中の方、抗ガン剤治療中の方も、 診断・入院・手術などから、一定の期間が経過していれば 入れる保険もあります。

入れる保険が出来てきた

過去にガンになり、今は落ち着いているけれども、 もし再発する可能性を考えると、がん補償がなければ 不安に感じてしまいます。 医療保険には入ることが出来ても、がん保険には入れない場合が 多くありましたが、入れる保険があるのは画期的なことです。 がん保険は、入院給付金・入院退院時の一時金・手術保険金・ がん入院の退院後の通院保険金などが、基本の補償になっていることが あります。 オプション補償についても、ざまざまですが、 がん継続入院時の一時金や、女性がんの補償などがある 場合もあります。 がんが発生した場合は、入院費・治療費だけではなく、 抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けたらウィッグを買う、 病院に通院するために交通費がかかるなど、 お金のかかることが多いので、がん補償を活用して備えるのが 良いでしょう。